【意外と地元民も苦手?】「富山ブラックラーメン」のリアル。

「富山ブラックラーメン」とは?

富山ブラックラーメンの見た目

富山ブラックラーメンの見た目は、名前通り”初見ではまんま醤油に見えてしまうほど”黒いスープが特徴的。

具材は、粗切りネギ・塩辛いメンマ・チャーシュー(ノリ・煮卵)が定番の組み合わせ。

さらに塩辛さに追い討ちをかける、ブラックペッパーが降り注がれます…( ̄∇ ̄)v

麺は固めの太麺の店が多いですね。

富山ブラックラーメンの味

見た目の通り、濃厚な醤油スープが富山ブラックラーメンの味のベースとなっています。

さらに粗切りネギ、塩辛いメンマ、醤油が染み込んだチャーシューとなかなかパンチのある味わいが特徴的。

麺も太麺なので、食べ応えは抜群です( ̄∇ ̄)v

テツ

濃い味が好きな自分でも、後半で毎回失速してしまうほどのヘビーさ。

ライスが必須。(笑)

人気youtuberのSUSURU TV.さんもその味の濃さにビックリしてましたね。(笑)※

富山ブラックラーメンの歴史


「富山県民は皆濃い醤油ラーメンが好き」だから人気メニューとしてブラックラーメンが富山県に定着したと思っている県外の方が多いですが、そうではありません。(笑)

実は富山ブラックラーメンには歴史があるんです。

ブラックラーメンの始まりは1955年頃。

富山市中心部で富山大空襲の復興事業に従事していた労働者の昼食として提供されていたのが、当時のブラックラーメン。

そしてその汗をかく肉体労働者の塩分補給のために、醤油を濃くしたスープのラーメンが作られたのがブラックラーメンの濃い醤油味の起源だそうです。

テツ

ブラックラーメンが労働者の塩分補給目的に作られたとは、富山県民の自分も初耳…
という事はブラックラーメンを濃いと感じる自分は、まだ働き方が甘いのかもしれませんね(?)w

そして伝統を受け継いできた富山のブラックラーメンが、近年富山のB級グルメとして注目を集め「富山ブラックラーメン」として有名になった。

というのが、これまでの富山ブラックラーメンの歴史なんです。

富山県民が富山ブラックラーメンを食べる頻度

各メディアではあたかも富山県民が毎週ブラックラーメンを食べているか”のように紹介されていますが、、

実際に毎週ブラックラーメンを食べている富山県民はかなりの少数派です。

富山でラーメンを食べに行くとしても、魚介ラーメン・味噌ラーメン・家系ラーメンといった選択肢がありますし、味の濃いラーメンが苦手な人もいるのでブラックラーメンの優先順位は低め

自分の場合でも、

・友達同士でご飯を食べる時。

・家族でご飯を食べる時。

・彼女とご飯を食べる時。etc…

などにブラックラーメンが第一候補に来ることはかなり珍しいです。(笑)

「久しぶりにブラックラーメン食べるか!」といった展開で行くパターンが半年に1回ぐらいで来る感じですかね( ̄∇ ̄)v

もちろん個人差もありますが、富山県全体で見ても富山ブラックラーメンは、

定番フード<マイナーフード

という位置付けにあるのが、富山県民のリアルと言えるでしょう。

テツ

むしろ富山県民よりも、富山に来た県外の方で気になって食べに行っている場合も多いのでは?

 

「富山ブラックラーメン」はマズい?各口コミ一覧まとめ。

画像:google

なんとブラックラーメンというワードを検索画面に打ちこむと「ブラックラーメン まずい」というワードが5番目前後に出てくるのが今の現状。

各メディアでのブラックラーメンに対する賛否両論の声をまとめてみました。

グルメサイトの口コミ

参考 “好き嫌いあり?富山ブラックラーメン”トリップアドバイザー

☆☆★★★

有名な富山ブラックラーメンの元祖です。うわさ通りスープは真っ黒。少し飲みましたが、頭の血管がプチプチ言いそうで止めました。ラーメンそのものは腰もあって、具のチャーシューもボリューム満点。卵は必須です。

☆★★★★

好き嫌いがハッキリ分かれるラーメンです。
汗を沢山かいた後、ビールと一緒で食すると良いでしょう!
白飯も食べたくなります。

☆☆☆☆★

富山ブラックは塩辛いとは聞いていましたが・・・
あそこまで辛いとは・・・
塩の固まりか、濃口醤油をそのまま飲んだよりも辛いかも・・・

麺も当然辛くなり、残す結果になりました。
お値段も意外に高かった・・・

☆☆☆☆★

賛否両論あるとは思いますが、しょっぱくてとても水を入れても食べられない!私はNGです。と、言いつつ、妻が好きなので付き合いで何度か来店しています。おわかりでしょうが、私はいつも残します。チャーシューだけは美味しいと思いますが...。好きな人だけ、行って下さい。さっぱり醤油味のラーメンが好きな人は、決して行かないで下さい。(笑)

★★★★★

富山ご当地ラーメン「富山ブラック」の元祖。
ブラックラーメンは見た目にも強烈、まるでチャーシューを漬け込むタレに間違えて麺を入れてしまったかのような超濃口。
恐らく、他都道府県出身者のラーメンの概念をぶち壊すほどのしょっぱさ。
でもクセになる味。

せっかく旅行で富山まで来たら、ぜひ挑戦することを個人的にはオススメしますが、
同行者に事前に同意は必ず取った方がいいでしょう。

Twitterの口コミ

Instagramの口コミ

 

View this post on Instagram

 

富山駅の『西町大喜』で食べた、 名物ブラックラーメン。 元祖富山ブラックラーメンの店と言われていますが、 都内では『いろは』の方が知名度高いかも。 普通であれば大盛りを頼むとこですが、 初体験のブラックラーメンのしょっぱさに怯んで、今回は普通を注文。 後で知ったけど大喜のラーメンは他の富山ブラックを謳う店と比べてもしょっぱいらしい😱 噂通りの醤油の濃さ、噂通りのしょっぱさでした(笑) #西町大喜 #元祖富山ブラック #富山ブラック #富山ブラックラーメン #富山 #富山市 #富山駅 #富山グルメ #富山ランチ #富山ラーメン #ランチ #今日のランチ #ラーメン #中華そば #醤油ラーメン #醤油 #麺スタグラム #麺活 #ラーメン好き #ラーメン好きな人と繋がりたい #instafood

higemasa_gourmetさん(@higemasa_gourmet)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

. #富山ブラック #富山ブラックラーメン #麺家いろは . 昨日、秋葉原行った時に食べた ヨドバシカメラの上の方ある . 見た目、黒くて塩辛そうだが 思ったほどでは無く スープを全部飲み干した 正直、もっとパンチが効いてるかとおもた でも、美味しい #麺リフト もしといた . #ラーメン #食べ物 #グルメ #gourmet #delicious #food #foodies #foodgasm #foodporn #instapic #instafood #stafood #igfood #ig_food #loveラーメン #noodle #lovenoodle #ラブラーメン #ラーメン好き #ラーメン部 #ラーメンインスタグラマー #麺スタグラム #麺リフト組合 #nex5t #秋葉原 #秋葉原グルメ

@ tony_tany03がシェアした投稿 –

富山ブラックラーメン【美味い派の理由】

・しょっぱいけど美味い。

・醤油が染み込んだチャーシューが美味い。

・濃いラーメンがご飯と合う。etc…

テツ

生粋の濃い味好きにはブラックラーメンはたまらないようです。
元々おかずとして食べたられていたという事もあり、たしかに白飯との相性は抜群ですね…( ̄∇ ̄)v

富山ブラックラーメン【マズい派の理由】

・もはや醤油をそのまま飲んでいる。

・塩のかたまり。

・水を入れないと食べられない。etc…

テツ

濃い味が苦手な方からすると、地獄のような濃い口ラーメンのようです。
濃い口が好きな自分ですら苦戦するほどなので、なかなかの強者に間違いないです…(笑)

 

【結論】「富山ブラックラーメン」はめっちゃ味が濃い醤油ラーメン。

元々は肉体労働者の塩分補給のためのラーメンだったということもあり、

一言で富山ブラックラーメンの味を表現するなら、

めっちゃ味が濃い醤油ラーメン。

が的確な表現ですね。

むしろスープが黒いということよりも、「味の濃さ」を宣伝した方が良いと思うほどです。(笑)

 

まとめ

内容を簡単にまとめると、

富山ブラックラーメンとは?

①濃い醤油スープ、具材は粗切りネギ+塩辛いメンマ+チャーシュー(煮卵・ノリ)。

②元々は富山大空襲の復興事業に従事していた労働者の昼食で塩分補給が目的。

③富山のB級グルメとして有名だが、県民の多くは頻繁に食べる事は無い。

④とにかく味が濃く、レビューは賛否両論。

といった感じですかね。

テツ

記事を書いていたら無性にブラックラーメンが食べたくなったので、久々に近所のブラックラーメンにチャレンジしてこようかな…( ̄∇ ̄)v

では、今回は以上です!

最後まで閲覧いただき、ありがとうございます♪

2 COMMENTS

アバター 匿名

昨日食べてきました、少し薄かったので、濃いめがオススメです。
あっさり系が好きな人はそのままが良いですね。

返信する
テツ テツ

店舗にもよりますが、ブラックの濃いめは凄いですね!
あっさり好きの人はそのまま、ライスがあったら良いかと。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。