【朝乃山観る時】初心者泣かせの相撲用語・10連発

※動画も上げてるので、文章を読むのが面倒な方はラジオ感覚でYouTubeをご視聴下さい※

富山県民の方であれば、場所中はテレビの前で朝乃山を応援しておられるかと思います。

テツ

もちろん自分もそのうちの1人です。(笑)

ただあまり相撲に詳しくないという事もあり、

解説で飛び交う相撲の専門用語に大苦戦。(笑)

サッカーや野球と違って全ての用語が漢字という初心者泣かせの競技っぷり。

そこで今回は、自分も最近知ったばかりの相撲用語を簡単にまとめてみました!

「相撲用語がサッパリ分からない…」という方は、是非今後の相撲観戦の際の参考にしてみて下さい♪

【朝乃山観る時】初心者泣かせの相撲用語・10連発

三役

テツ

「三役おめでとうございます」とかでよく聞く言葉。

三役は幕内の中でも大関・関脇・小結のことを指します。

平幕

テツ

「平幕初優勝」とかでよく聞く言葉。

横綱・三役以外の前頭のことを平幕と言います。

上手・下手

テツ

上手は、相手の腕の外側からまわしを取ること。

テツ

下手は、相手の腕の内側からまわしを取ること。

差す

テツ

差すは、相手の脇の下に手を入れること。

「右差し・左差し」や「差し手争い」といった言葉が使われていますね。

もろ差し

テツ

もろ差しは、右・左の両方差すこと。

有利な体勢なので「もろ差しになったぁ!」などと解説が熱くなるポイントでもあります。

右四つ・左四つ

テツ

上記の通りで、朝乃山が得意なのは「右四つ」

がっぷり四つ

テツ

がっぷり四つは、互いに得意な差し手でしっかりと組み合うこと。

けんか四つ

テツ

逆にけんか四つは、互いの得意な差し手がぶつかる対戦のこと。※右四つvs左四つ※

おっつける

テツ

上記の通り、「おっつけ」は初心者には分かりにくい技ではありますかね。

自分もイマイチ、パッと見では分からないです…(笑)

かち上げ

テツ

横綱の白鵬が得意な技でもある「かち上げ」

ただエルボー・肘打ちになってしまう事があるので、あまり印象が良くない技でもあります。(苦笑)

まとめ

テツ

これに加えて、なんと相撲の決まり手は全部で82個もあるみたいです。(笑)

相撲、難しすぎワロタ…w

では、今回は以上です!

最後まで閲覧頂き、ありがとうございます。

本記事が皆さんの参考になれば嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。