「富山第一」って富山県内でどれだけ強いんけ?【総体/選手権予選】

富山の高校サッカーの強豪チームで、誰もが真っ先に口にする「富山第一高校サッカー部」

富山県民であれば誰もが知っていますし、富山県高校サッカー界のトップに常に君臨し続けている不動の強豪校です。

テツ

子供の頃から富山県でサッカーをやってきた自分も、「富山第一」と聞くと別格の強さを感じますね…

もちろん富山第一が富山県の高校サッカー界で強いことは知っているのですが、、

「一体”どれくらい”強いんやろ?」

というのが富山のサッカーファンとして単純に気になったので、今回は過去の富山県大会の成績などを簡単にまとめてみました!

富山の高校サッカー界における富山第一の強さを知りたいという方は、是非最後までご覧下さい♪

富山第一高校サッカー部の歴史

富山第一高校サッカー部が、県予選を勝ち上がり初めて全国高校サッカー選手権に出場したのは、昭和39年の第43回大会。

それから出場を重ねていき、第78回(1998-1999)・第79回(1999-00)では富山県勢初のベスト4入りを達成しました。

この時、富山第一でプレーしていたのが日本代表でも活躍した柳沢敦選手です!
Embed from Getty Images

その後も富山県の高校サッカー界では頭一つ抜けた強さを見せつけていき、、

そして記憶にも新しいのが、第92回大会(2012-13)での初の全国制覇達成!

北陸勢初・親子で成し遂げた感動的な優勝(大塚親子)ともあり、県内だけでなく全国的にも大きな注目を集めましたね!

そして、その後の夏のインターハイ(2019)では初の準優勝

さらには高校年代最高峰のプレミアリーグも経験しており、全国的にも強豪クラブの仲間入りを果たしています。

【富山第一出身】

・柳沢 敦選手(元日本代表)

・西村 拓真選手(CSKAモスクワ)

・中島裕希選手(FC町田ゼルビア)etc…

テツ

少し余談になりましたが、富山第一高校サッカー部は今では全国的にも強豪校に近づいているということです。

 

過去20年のインターハイ/選手権・富山県予選の優勝チーム一覧。

テツ

それでは本題に入ります。

過去20年のインターハイ/選手権の富山県予選、名門・富山第一は20年間でどれだけ優勝しているのでしょうか…?

年度 インターハイ予選 選手権予選
2000年 富山第一 富山第一
2001年 富山第一 水橋
2002年 富山第一 水橋
2003年 水橋 富山第一
2004年 富山第一 富山第一
2005年 富山第一 富山第一
2006年 富山第一 富山第一
2007年 富山第一 富山第一
2008年 富山第一 富山第一
2009年 富山第一 富山第一
2010年 水橋 水橋
2011年 富山第一 富山南
2012年 富山第一 富山第一
2013年 富山第一 富山第一
2014年 高岡第一 水橋
2015年 水橋 富山第一
2016年 高岡第一 富山第一
2017年 富山第一 富山第一
2018年 富山第一 富山第一
2019年 富山第一 富山第一
20年間の富山第一の優勝率 75%(インターハイ) 75%(選手権)
20年間の水橋の優勝率 15%(インターハイ) 20%(選手権)

テツ

富山では富山第一と水橋の2強とも言われていますが、結果を見る限り富山第一が頭1つ以上抜けた強さを見せつけていることが分かりますね。

インターハイ/選手権共に優勝率75%はエゲツないです…

【おまけ】過去20年のインターハイ/選手権・青森県予選の優勝チーム一覧。

テツ

気になっている方も多いと思うので、一応見ておきますか…(笑)
年度 インターハイ予選 選手権予選
2000年 青森山田 青森山田
2001年 青森山田 青森山田
2002年 青森山田 青森山田
2003年 青森山田 青森山田
2004年 青森山田 青森山田
2005年 青森山田 青森山田
2006年 青森山田 青森山田
2007年 青森山田 青森山田
2008年 青森山田 青森山田
2009年 青森山田 青森山田
2010年 青森山田 青森山田
2011年 青森山田 青森山田
2012年 青森山田 青森山田
2013年 青森山田 青森山田
2014年 青森山田 青森山田
2015年 青森山田 青森山田
2016年 青森山田 青森山田
2017年 青森山田 青森山田
2018年 青森山田 青森山田
2019年 青森山田 青森山田
20年間の青森山田の優勝率 100%(インターハイ) 100%(選手権)
20年間の他校の優勝率 0%(インターハイ) 0%(選手権)

テツ

富山第一の75%が霞むぐらいの、まさかの100%

他校がノーチャンスという、非情なまでの強さ…(怖)

今後県予選で青森山田を破った際には、青森県の高校サッカー史に名を刻むことになるでしょう…

 

まとめ

今回は、サッカーファンの自分が気になる素朴な疑問を調査してみましたが、

構図的には富山第一と水橋の2強と言われているものの、こうして結果だけを見ると

ほぼ富山第一の1強であることがよく分かりますね。

冒頭の、

「富山第一」は一体”どれくらい”強いのか?

の答えは、

20年間の富山第一の優勝率 75%(インターハイ) 75%(選手権)
20年間の水橋の優勝率 15%(インターハイ) 20%(選手権)

県内で2強と言われている水橋に、インターハイ/選手権の優勝率で50%以上の差をつけているというのが答えになりますね。

テツ

青森山田に全部持ってかれた感もありますが…(苦笑)

引き続き、富山の高校サッカー事情には注目していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。